So-net無料ブログ作成

バッド・ジーニアス [タイ]





子供の頃の記憶になるけど、その昔、カンニング・ブームというのがあった。実際に学校でカンニングが横行したというのではなく、『ザ・カンニンング IQ=0』(1982年公開)というフランスのコメディ映画が話題になり、TVのバラエティ番組がこぞってネタにしたり真似をしたのだ。ジャッキー・チェンの映画に『カンニング・モンキー天中拳』(’83年公開)なんて邦題までつけてることから、当時の流行が伺える。(こちらは和製英語のカンニングではなく、本来の”ずる賢い”の意だと思うけど)

そんなわけで、カンニングを扱う映画と聞いて、コメディタッチの学園ドラマを想像していたのだが、これが良い意味で裏切られた。これはクライム・サスペンスといっていい領域だ。細部の作り込みが凝っていて、盛り上げ方もスピルバーグ並み。教室内で行われていたカンニングは、徐々にスケールを増し、アメリカ留学のために各国で行われる統一試験”STIC”で実行されることになる。オーストラリアとタイの時差を利用した国際的で大掛かりなものだ。

1981年生まれのタイの監督が『ザ・カンニング』を知ってるのかどうかわからないが、この『バッド・ジーニアス』は中国で実際にあったSAT試験カンニング事件から着想を得たらしい。なぜ今それを取り上げ、2017年のタイNo1ヒットになる社会現象になったのか。資料によると、近年のタイの受験熱が一因となってるようだ。90年代に大学制度が整備されて以来、学歴偏重社会が進み、現在大学進学率は50%に。バンコクのサイアム・スクエア近辺には進学塾が乱立するまでになっているらしい。

日本で『ザ・カンニング』が公開された時代というのは、'79年に共通一次試験が導入され(フランスの「バカロレア」を参考にしたという)、偏差値による大学の序列化が進み、1980年はあの「金属バット事件」があり、校内暴力も大きな社会問題になっていた頃だ。生徒の側からの学校制度・競争社会への抵抗や叫びが顕在化した年代でもあった。カンニング・ブームは、ある種の緩衝剤としての機能があったのかもしれない。

主人公のリンとバンクは成績優秀で本来優等生ではあるが、決して裕福とはいえない家庭の子どもたちだ。今ある状態(あるいは階層)から抜け出したいと思っている。追いつめられた彼らは自らの留学とカンニング・ビジネスでの収入を賭け、大きな勝負に出る。クライマックスの28分間のスリリングな展開は実に見事で、手に汗握るサスペンスとなっている。優れたエンタメ作品ながら、タイの不平等社会と学校制度を鋭く抉った快作だ。ラストのリンの描写に疑問がないわけではないが、青春映画としての魅力も十分にある。

(ちなみに、安室奈美恵が出演しているという『That's カンニング!史上最大の作戦』という日本映画が存在しているのをこの原稿を書く段階で初めて知った。公開された1996年は筆者は日本にいなかったので知らないのも当然なのであった…。)(カネコマサアキ★★★★)

(初出「旅シネ」より)

第27回タイ・アカデミー賞(スパンナ賞)史上最多12部門受賞
アジアフォーカス福岡映画祭 観客賞
ニューヨーク・アジアフィルム・フェスティバル 作品賞/ライジングスター賞
カナダ・ファンタジア映画祭 作品賞/監督賞
ほか多数受賞






監督・脚本:ナタウット・プーンピリヤ
出演:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、チャーノーン・サンティナトークン、タネート・ワラークンヌクロ(『ポップ・アイ』)
配給:ザジフィルムズ/マグザム
公開:9月22日(土)ユーロスペースほか全国順次ロードショー

■ストーリー

成績優秀で天才的な頭脳をもつリンは、授業料全額免除の奨学生としてとある高校に転入してくる。仲良くなったクラスメートのグレースに勉強を教えるも、彼女のレベルは低かった。中間テストの最中、リンはある方法で彼女に答えを教える。それによって見事にグレースの成績が上がった。それを聞いたグレースの彼氏パット(裕福な家の御曹司)は、彼女にビジネスの話を持ちかける。それはテストの答えを教える代わりに、一人一科目につき3千バーツを払うというものだった。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。