So-net無料ブログ作成

シーズン・オブ・レイ [インド・南アジア]

「サタジット・レイ監督デビュー60周年記念 シーズン・オブ・レイ」の特集上映@イメージ・フォーラムにて『チャルラータ』『ビッグ・シティ』デジタル・リマスター版を鑑賞。マドビ・ムカージーの可憐さを美しいモノクロ映像で堪能した。



チャルラータ Blu-ray

チャルラータ Blu-ray

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: Blu-ray


『チャルラータ』(1964)
夫に構ってもらえない主婦チャルは、若い夫の従弟に恋心を抱くようになる。これは傑作だった。ブランコのシーンがルノワール『ピクニック』にそっくりで、一夏の日陰の恋を描いてる点でオマージュなのかも。レイは『河』の撮影でカルカッタを訪れたルノワールに面会している。
家の中の作りがどこか既視感があって、もしかしてロケ地はタゴール・ハウスか?と思ったら、原作がタゴール自身で、さもありなんという感じ。でも、スタジオセットのようだけど。



ビッグ・シティ Blu-ray

ビッグ・シティ Blu-ray

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: Blu-ray


『ビッグ・シティ』(1963)
家計が苦しいため、幼な子を置いて働きに出る主婦。営業の才あって仕事は順調だが、家庭内に不協和音が。現在の世相を反映するような作品。鏡と口紅が非常に上手く使われていて、ドラマの畳み掛け方もさすが。マドビ・ムカージーが予想以上に魅力的。



わが映画インドに始まる―世界シネマへの旅

わが映画インドに始まる―世界シネマへの旅

  • 作者: サタジット レイ
  • 出版社/メーカー: 第三文明社
  • 発売日: 1993/07
  • メディア: 単行本


インド映画の巨匠サタジット・レイだが、映画館で上映される機会は少なく、ソフト化もこの2作と「オプー3部作」くらいしかないのは残念。そもそも全作品の半分も日本で紹介されていないという事実。わりと最近(といっても10年以上前)『音楽ホール』を観る機会があったが、こちらもサウンドトラック含め傑作だった。せめて岩波ホールでやった分くらいは、時折上映してほしいものだ。個人的には>『チェスをする人』('81)『家と世界』('86)を観ていないので切に希望している。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。