So-net無料ブログ作成

ある都市の物語 [インド・南アジア]

UN1.jpg
Mask 2012, Mask - in between 2011 / Snehasis Maiaity



『Urban Narratives - ある都市の物語』@エスパス・ルイヴィトン
1月26日(土)- 5月6日(月)

コルカタで活動する4名のアーティストによる展示。
キュレーションは美術史家ナナク・ガングリ。

UN4.JPG
Anna-Silent voice 2012 /Sinehasis Maity
『アンナ- 無言の声』スネハシス・マイティ

タイトルの「アンナ」とは社会活動家アンナ・ハザレのこと。政治汚職に抗議して73才にして断食を行った姿が、ガンジーと重ねられて語られることが多い人物。積み上げられた新聞紙は数多の社会問題を表してるのだろう。
同じ作家の『マスク』は環境問題に対するアイロニー。確かにコルカタはじめ、インドの大都市の空気の悪さは絶望的だ。マスクをしたまま花の匂いを嗅ぐ『マスク-媒介』。(上の写真)


IMG_0955.JPG
『無題』アディプ・ダッタ

大きなヘアクリップが化石に見える。


UN2.JPG
Untitled 2012 /Adip Dutta
『無題』アディプ・ダッタ

ステンレス・ワイヤーで編まれたパンツ。


UN3.JPG
Untitled 2012 /Adip Dutta
『無題』アディプ・ダッタ

日常の周りにあるもの。


UN5.JPG
Urban Landscape 2012/ Sekhar Roy
『都市の風景』セカール・ロイ

UN6.JPG
Skyline 2012/ Sekhar Roy
『スカイライン』セカール・ロイ

コルカタに林立するビル群。青いライトがあたっている部分は20%の富裕層を、黄色いライトがあったる部分は80%の貧困層を表してる。

UN9.JPG
Rather Protecting Dream 2012 Piyali Sadhukahn
『むしろ夢を保護している』ピヤリ・サドゥカーン

インド社会で多発するレイプ事件、女児胎児殺害事件。大きな抑圧にさらされる女性たち。一見グロテスクにみえる皮膚の模様は、ナカーブとかベールのようなもので、彼女たちをカモフラージュし、保護している。(インド女性がオシャレで皮膚に描くヘナの模様も連想するが・・・)

UN7.JPG

UN8.JPG

UN10.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。