So-net無料ブログ作成

北朝鮮映画週間 [韓国]

northkoreamovie.jpg


『北朝鮮映画週間』(7/18~31日・黄金町シネマ・ジャック&ベティにて)。
http://www.jackandbetty.net/kitachosenzenbo.html
http://www.jackandbetty.net/arujogakusei.html

そのプログラムの中から『花を売る乙女』(1972・朴学/崔 イクギュ監督)、アニメ『好童王子と楽浪王女』(1972)、『遊園地の一日』(1978)『月尾島(ウォルミド)』(1982)『洪吉童(ホンギルトン)』(1986・金麒麟監督)、そしてカンヌに出品されたという日本初公開の『ある女学生の日記』(2007)を観た。(リーフレットやHPに監督名が全く載ってないが、監督名不詳というわけではなさそう)
この中では、評判通り『洪吉童(ホンギルトン)』『花を売る乙女』『月尾島(ウォルミド)』が見応えがあった。

                      *

「朝鮮映画事情とその魅力」と題して、朴成徳(パク・ソンド)さんの興味深い講演を聴いた。朴さんは在日同胞で作る劇団「アランサムセ劇団」の作家であり、朝鮮大学で教鞭をとる人物で、チャ・テヒョン似の明るい好青年という感じ。1999年から2001年の2年間に金日成総合大学に留学した経験を持つ。あえてQ&Aの形で、北朝鮮の映画事情をわかりやすく話してくれた。

Q  北朝鮮映画は年に何本作られるのか?
A わからない

Q 金正日総書記は映画をチェックしているのか
A していない。ただ、『血の海』(1969・崔 イクギュ監督)という抗日映画には金正日が現場に入り、指導したという話。
 1968~70年中半は朝鮮映画の黄金期と言われている。それは、抗日パルチザン時代に農村などで披露した10分間のプロパガンダ演劇を、2時間の大作映画にする運動があったからだと思われる。
ピョンヤンの芸術家もべらんめえ口調で、無頼派な芸術家が多かったが『花を売る女』からは、上から全員社会人たれ、というお達しが出て変化した。
脚本は、国家審議委員会の下に3つの映画会社があり、そこに所属している脚本家が書く場合と、一般から募集したものを採用する場合がある。

Q プロパガンダ映画を国民は楽しんでいるのか?
A イエス。純粋に映画を楽しんでいる。人民は「映画は全て政治である」と思っていて、抵抗感はなく、約束事の中で観ているという感じ。また、商業的にヒットするという発想がない。

Q 役者たちはいい生活をしているのか?
A ホン・ヨンヒ(『花を売る少女』の主役)は日産の黄色いマーチに乗っていた。(99年頃の目撃)党から贈られたらしい。映画人にはランクがあり、功勲俳優、人民俳優とがいる。(功勲体育人もいる。ボクシングの徳山昌守は「英雄」で、地下鉄乗り放題なのだそうだ。)
”水曜労働”というのがあり、全国民が農作に行き、刈り入れ、田植えなどに行く。都市部の人もやる。

Q 外国映画は観られるのか?
一部の人たち、映画製作者は観ている。
『タイタニック』で主人公のジャックと貴族の女の子が唾を飛ばすシーンに、金総書記は、貴賤がなく、衣装がすばらしかった、と褒めていたという。
日本映画では『男はつらいよ』、『人間の証明』、『釣りバカ日誌』、『新幹線大爆破』、黒沢作品などが知られている。学校では『シュリ』も観られる。ちなみに旺載山(ワンチェサン)音楽大学にはビートルズも揃っている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。