So-net無料ブログ作成
検索選択

中国独立電影展2015 [中国]

ci15.jpg


第五届東京中国独立電影展 中国インディペンデント映画祭2015 @ ポレポレ東中野 (2015.12月12日(土)〜27日(日)


隔年開催の映画祭。前回は渋谷だったけれど、再び古巣の東中野に戻っての開催。
やっぱりこっちの方がしっくり来ますね。ドーナツ食べられるし。
年の瀬押し迫ったこの時期に、年間ベストを更新してしまうような傑作に出会えて興奮する。



【2015年12月18日】
『凱里ブルース』は映画的冒険に満ちた作品で素晴らしかった。今年のベスト3候補かもしれない。『江城の夏』もかなりの秀作で主演の田原の魅力堪能。


●『凱里ブルース』畢贛(ビー・ガン)監督 ☆☆

→別枠に書きました。


●『江城の夏』(06)王超監督 ☆

武漢でホステスとして働く艶紅(田原)は田舎から出て来た父親を部屋に泊める事に。父親は行方不明の兄を探しており、同郷の老警察官の協力を得ていた。艶紅は店のボス・ホーとつき合っていたが、実はホーと兄はある事件で接点があり…。英題『Luxury Car』に納得の極上ミステリー。久しぶりの田原はどんなになってるのかと思ったら、9年前の作品だった。ホー社長が父親を観光案内したり、艶紅には誠実な所がミソ。ラストの余韻も良かった。


【2015年12月20日(日)】


●『K』Emyr ap richard+ダルハド・エルデニブラグ監督 ☆

カフカの「城」をわりと忠実に映画化。長髪の測量士に最初違和感もったが、ハネケ監督作より色気があって面白く感じられた。30sのジャズ音楽とモンゴル語の破裂音が独特の雰囲気。ウェールズ人監督と内蒙古人監督のコラボ、ジャンクーと台湾人によるプロデユースと多国籍な交流。見事な完成度。

●『冬』邢健(シン・ジェン)監督

雪深い山で一人住む孤独な老人。水槽の魚を放生し、瀕死の小鳥を助けると、子供が現れる。小鳥と戯れる一方で、焼き鳥にして食べる自然の恩恵と残酷さ。じゃがいもと吹雪は世界の終わりの数日間を描いた『ニーチェの馬』を想起したが、こちらは生命の象徴・鳥が飛び立つまでの7日間を描く。

●『詩人、出張スル』雎安奇(ジュー・アンチ)監督

02年、詩人・竪は出張と称して新疆を旅する。安宿、長距離バス、ヒッチ、そのバックパッカー的なグダグダな旅の様子と16編の詩が挿入される。天山を超え、カザフスタン国境沿いへ。サリム湖へは行くが、カナス湖は断念。娼婦と戯れる「夜の歩き方」も。虚実皮膜らしいが…


【2015年12月22日(木)】
京橋→東中野へ移動。


●『寝ても覚めても』(04)王超監督 ☆

天泉炭坑所の事故で親方を失った広生。親方を救助できなかったこと、実は親方の妻と不倫していたことに呵責を感じた彼は、性的不能になり彼女と別れる。しかし、廃坑を国から譲り受けると、一人黙々と再建し出す。そんな中、親方の幽霊と再会する。
親方の頭の弱い1人息子・阿福とロバが戻って来て、母親(不倫してた妻)が死んだと告げられる。淡々とした反復の中に空虚さと喪失感が滲む。贖罪の物語といえるが、一方で、市場経済に移行してからの成功譚、親方=師父を超える英雄譚にも見え、不思議な感触の作品。何か元ネタに準えてそうな気も。


【2015年12月24日(木)】
東中野→京橋に移動。


●『安陽の赤ちゃん』(01)王超監督

失業して金に困っていた大剛は、拉麺屋台の主人から捨て子を貰い受ける。そこには養育費200元/月を渡すという手紙が入っていた。連絡すると黒龍江省出身の艶麗という娼婦が現れた。3人はいつしか疑似家族のような関係に。そこへ子供の父親だという極道の四徳が現れて…。
大剛は自転車修理工になり、傍らには籠にいれた赤ん坊。自分の部屋を艶麗の売春に貸すが、彼女の客が乗って来た自転車にわざと穴をあけたりする。ラスト近くで二人が待ち合わせに使った清真の拉麺店が反復され、大剛が座っていない席に一杯2元の拉麺。王超監督の特徴はこの反復にあると思った。


【2015年12月25日(金)】


●『幻想曲』(14)王超監督

工場で働く父親が白血病にかかり末期宣告を受ける。高額の治療費を工面するために母親は仕事を掛け持ちし、娘はナイトクラブで働き、中学生の息子不安定になり学校へ行かなくなる。追いつめられていく家族を日常の反復の中に描く。トランペット「オー・ソレ・ミオ」。病人の父親がラジオ体操で元気に動く様子を息子が幻視する。中国のラジオ体操は毛沢東が提唱したものらしい。

●『癡(ち)』邱炯炯監督 

反右派闘争の流れで右派とみなされ1958年から80年まで強制労働所や刑務所に収容されていた四川出身の作家・張先癡の回想録。
張先癡はソルジェニーツエン『収容群島』に触発された『中国古拉格』という作品を発表しているらしい。本人のインタビューと独特のスタジオセットの舞台劇とで構成される。

16才で家出して人民解放軍に参加、涼山でのイ族解放運動に関わる。父親が国民党党員で処刑されたことから、彼自身が危険視され、南充県へ異動させられる。同じような境遇の保育士と結婚し、一児をもうける。成都の実家から末の妹も預かり育てていた。1957年整風運動が始まる。「知ることを全て話し、話すなら話つくせ」その流れで党を批判する文章を発表して、右派と見なされ、その後23年間収監される。無実を訴えた妻フージュンも新彊に下放され、息子も右派分子に。80年、名誉回復される。
「息子は現在50歳になるが、このため文盲である。でも歴史を読まなくて済む」「80年には右派認定を取り消されたわけだが、それは間違いである。このとき、私は真の右派になっていたからだ」シニカルな張先癡の言葉で終わる。


【2015年12月26日(土)】
26日は京橋のフィルムセンターで「韓国映画1934-1959 創造と開花」最終回で梁柱南(ヤン・ジュナム)監督『母情』(58)と申相玉監督『地獄花』(58)。東中野で中国独立電影展・文晏監督『トラップストリート』。これで3ヶ月に連なった怒濤のアジア映画週間終わる。


●『トラップストリート』(『水印街』)文晏監督

李秋明(吕聿来)は南京の地図製作会社で測量士として働いている。ある日、先輩と測量中に見かけた若い女(何超文)に心魅かれる。彼女を見失った場所は地図に載っていない所だった。一方、彼は友人と盗聴器を見つける副業をしている。
大雨のある日、彼は彼女を車で送るという幸運に恵まれる。車の中に彼女が忘れたUSBメモリを届けようと、書いてあった住所「203研究所」に連絡すると、彼女の上司だという男が現れ、御礼をしたいからと住所を聞かれる。
彼女との接触を続けるうち、ようやく2人は打ち解け合えるようになるが、徐々に彼の周辺で不可思議な出来事が起こるようになる。ある日、彼は何者かに拘束され、スパイ容疑をかけられる。解放されて家を帰るともぬけの殻で、実家の家族は失踪、友人たちはよそよそしくなっていく。一体彼女は何者なのか・・・。背後で何か大きな力が動いている様を描いた不条理ドラマ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。