So-net無料ブログ作成

Rain dogs/太陽雨 [マレーシア]


Yasmin Ahmad(left), Ho Yuhang (center), Pete Teo(right)
at TIFF, 27 Oct 2006

東京国際映画祭では7本ほどアジアの映画を観た。
その中で最も印象的だったのは、ホー・ユーハン監督の『Rain dogs』(中国語タイトル:太陽雨)というマレーシア映画だった。

家を出たまま戻らない兄を探しに大都会クアラルンプールに出て来た少年。再会した兄と、家族3人で一緒に住む約束をしたが、兄は賭博のトラブルに巻き込まれ、あっけなく殺されてしまう。実家に戻ったものの、母親には年下の恋人ができていて、関係がぎくしゃくする。少年は家を飛び出し、やむなく叔父の家に居候する。

兄の死を描いた前半パートが終わったあと(40分ころ)ようやく映画のタイトルが出る。後半パートは叔父の家で過ごす日々。流れる風景の中、聞こえてくるのはオデッタの歌うブルース、『sometimes I feel like a motherless child』。

画面の構図や美しい風景、時間の流れは『恋々風塵』〜『悲情城市』あたりの侯孝賢映画を思わせる。淡々とした映像からにじみ出る悲しみと、ぼんやりと浮かび上がってくる家族の絆。映画の隅々に”ブルース”が宿っている感じだ。特に少年と少しだらしない母親とのやりとりが自然でイジらしい。主人公は広東語を話したかと思えば、相手によって北京語で話たりと、(たぶん福建語もあったのかもしれないが僕にはわからなかった)マレーシア華人の多様性もリアルだった。

俳優のアンディ・ラウの主催するFocus First Cutの支援を受け制作された。監督はアイオワ州立大で工学を学んだ後、エンジニアとして働くが、映画を志し、これまで『サンクチュアリ』『ミン』の短編で高い評価をうけている35歳。

写真はホー監督と映画に叔母役として出演していた『細い目』の監督ヤスミン・アスマドと、シンガー・ソングライターのピート・テオ。3人はプラオベートでも仲がいいようで、和やかな雰囲気のなかでインタヴューが行われていた。



RAIN DOGS

RAIN DOGS

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。